読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽き性な自分が物事を続けるためには

 

自分は飽き性でなかなか同じことが続けれらませんでした。

今までやったアルバイトは8個、学問もころころと興味が変わり、半年以上続けたものは少ない。

就活のときに一番悩んだポイントです。

そんな自分が半年間の長期インターンシップを続けることができた理由を考えたときにすごく納得できた法則を見つけたのでご紹介。

<やる気スイッチを入れる実践SMART>

SMARTとは、
S「具体的なもの(Specific)」

M「測定できるもの(Measurable)」

A「自分にとって魅力的なもの(Attractive)」

R「現実的なもの(Realistic)」

T「期限を明示する(Time-bound)」
の5つ。これを取り入れた目標を設定するとやる気が持続し、物事を継続することができます。

 

wol.nikkeibp.co.jp

 

自分の場合だったら、
S 長期インターンでのメールマーケティング

M メルマガの開封率、CVR

A 就職活動で即戦力のPRになる、ライティングやデザインが身に付く

R 現役社会人に習う、マーケティングの本を読む

T 半年間続け、週に1回配信する

 

といった具合です。飽き性な自分がどうやってこのインターンの仕事をつづけたのが振り返ってみると、ビジネスの知識を身につけるとか活躍する人材になるとか具体性のない目標だった当初はすぐに何をやっていいのか分からなり、目標が定まらないので進んでいる実感がなくて飽きてしまっていました。でも具体的な数値目標のあるメルマガの作成に取り組んだときは自分の努力が数字としてみて達成感があってかなりモチベーションが上がり、なんだかんだで半年間というインターン生活に夢中になって取り組むことができました。

 

具体的な成果としては、月間メルマガのCVが40→85に。(半年間で約2倍)

半年間の合計は295CVでもろもろ計算して売り上げ約130万円、粗利約42万円、月約7万円の利益。

担当ホスト2人のうち、自分が作成した企画の参加人数は農業体験158人、街歩き30人、合計188人(営業担当ではなかったのですが笑)
売り上げにして82万9200円、粗利259260円の貢献でした。

潜在顧客としてLINE登録ゲストがイベント出展で641人、新規ゲスト登録は240人
合計実質の利益としては半年間で68万円の利益を生み出したということになります。
もしメルマガの担当をせず、数字に着目することがなかったら、自分が組織で貢献している点に気づけなかったですし、その人にも役割があって何かしらの形で組織に貢献しているのだということに気づけました。


もう一つ自分が飽きないために気を付けていること
それは難易度がちょうどよいこと。

心理学的にも、自分レベルより低すぎても高すぎてもやる気は起こりにくいと言われています。
簡単すぎず、難しすぎずというレベルを見つけるのが良さそう。


まとめると、
具体的な目標を持つ・ちょうどいい難易度の仕事をする

自分のやっていること意味あることだと気づく仕組みことも飽き性が物事を続けるうえで大切だという学びでした。